月別: 2018年7月

底地取扱店への相談

相談借地権が付随した宅地の所有権を底地と呼び、実際に借地権売却をする時には、それらの底地取扱店に相談することも重要途なります。もともと借地権が付随した宅地の所有権などに関しては、底地取扱店が管理していることも多いです。情報に関してはなかなか自分で集めることが難しいということもあって、近年は底地取扱店に管理してもらっている方も多いでしょう。売却の際には、そういう底地の管理に慣れている店に相談するのも良いです。売却の有無はもちろん、承諾や許可に関しての相談なども可能となっています。

地主などとスムーズに話が進めば良いですが、進まない場合なども相談していくことができるでしょう。もちろん、スムーズに話が進む場合は良いですが、逆にパターンも意外と多いです。そうなった時に、第三者の意見などを交えて相談することは、とても重要となります。特に底地取扱店の場合は、色々な角度からアドバイスをしてくれて安心となっています。借地権の売却をするかどうか考えている方は、とりあえず相談してみるというのも良いのではないでしょうか。相談内容によっては、とても親身に聞いてくれるでしょうし、見えてこなかった解決策なども見えてくるかもしれません。それはとても重要となってくるのではないでしょうか。

推奨リンク
借地権の売買・売却はピタットハウスの【借地買取りドットコム】へ!

{ Comments are closed }

地主への相談

土地借地権に関しては、それぞれによって種類があります。通常扱われるものとしては、地上権というものがあり、他のものだと賃借権などがあります。それぞれの借地権によって売却の際に必要となる許可が違ってくるので、注意が必要となるでしょう。基本的に地上権なら地主の承諾は必要はありませんが、賃借権なら地主の承諾が必要となります。つまりどういうことかというと、地上権の場合はそもそも地主などへの相談なく、売却することができるということです。借地権の中でも地上権の場合、自由に売却することができると定められているのです。

ただ、賃借権の場合は地主の承諾が必要となるため、相談して許可を得なくてはなりません。当然ですが、地主が許可を出さなかった場合は売却することができません。そのため、売却するためには交渉が必要となってくるでしょう。それらの点も合わせて、借地権売却を考えている方は気を付けておくことが必要となるでしょう。ただ、基本的に地主にしっかり相談して許可を得れば、何も問題はありません。そのため、常に地主とは良い関係を築いておくことが重要となります。そこをしっかり良い関係で築いておけるように、普段から地主とは借地権などに関する話なども進めておくと良いでしょう。

{ Comments are closed }

借地権売却の注意点

借地権を売却する時は気を付けておきたいことも多いです。実際に注意しなくてはならない点として、地主への相談底地取扱店への相談などがあります。それらの点に関しては、しっかり考えて相談しておかないと、後々大変なことになるかもしれません。

アドバイザーそこで、このサイトでは、借地権売却の時に気を付けておきたいことについて解説します。事実、借地権というのは売却を考えている方も多いです。親から相続したものの使用する予定がないということも多いですし、予算や費用によってはなかなか運用していくのが難しいということもあります。そうなった場合、やはり借地権というのは不要になってしまうことも多いのです。ただ、売却する場合は許可を得なければならない場合もあるなど、それらの点に関して調べておくことが必要となります。これから借地権の売却を考えている方は、まずは相談してみてはいかがでしょうか。基本的に情報が不足していると不利なので、必要だと思っている情報に関しては自分で調べていくことが必要となります

ただ、それらの情報さえしっかり確保しておけば、借地権売却は難しいこともありません。自分が良いと思ったところから、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。それが大きな成果に繋がってくることもあるかもしれません。不要な借地権を持っている方や使用する予定のない借地権を相続した方などは、一度売却することを考えてみても良いかもしれません。

{ Comments are closed }