土地借地権に関しては、それぞれによって種類があります。通常扱われるものとしては、地上権というものがあり、他のものだと賃借権などがあります。それぞれの借地権によって売却の際に必要となる許可が違ってくるので、注意が必要となるでしょう。基本的に地上権なら地主の承諾は必要はありませんが、賃借権なら地主の承諾が必要となります。つまりどういうことかというと、地上権の場合はそもそも地主などへの相談なく、売却することができるということです。借地権の中でも地上権の場合、自由に売却することができると定められているのです。

ただ、賃借権の場合は地主の承諾が必要となるため、相談して許可を得なくてはなりません。当然ですが、地主が許可を出さなかった場合は売却することができません。そのため、売却するためには交渉が必要となってくるでしょう。それらの点も合わせて、借地権売却を考えている方は気を付けておくことが必要となるでしょう。ただ、基本的に地主にしっかり相談して許可を得れば、何も問題はありません。そのため、常に地主とは良い関係を築いておくことが重要となります。そこをしっかり良い関係で築いておけるように、普段から地主とは借地権などに関する話なども進めておくと良いでしょう。